クラッドメタルのことならお任せ下さい。

クラッドメタル
2018年11月30日

クラッドメタルはさまざまなニーズに応えてくれる

現在は技術がどんどん発展したことによって、これまでには存在しない新しい素材が生まれており、その一つとして注目されているクラッド材は銅やアルミ、ステンレス鋼などを異種金属接合することによって、得られて、これによって従来の素材にはないさまざまな性質をもたせることに成功しているため、幅広い用途に利用されています。
たとえば刃物鋼にステンレスをクラッドすることによって、耐食性や耐摩耗性をもたせることができて、これによって業務の効率化を図りメンテナンス性も高めた刃物素材を実現することができるため、工業用機械刃物として使われています。
あるいはクラッドアートと呼ばれるものがあり、ゴルフパターヘッドや印材、文鎮といったものに文字の模様を刻みつけるために使うというケースがあります。
調理器具材料としてクラッド材が使われることもあり、こちらは銅の熱伝導性とアルミの軽量性、チタンの軽量性や剛性を組み合わせることによって、業務用のホットプレートにしたり、IH対応の調理器具の素材としても用いられるという例があります。
他にもさまざまな用途で使われているのがクラッド材のため、他の素材では無理だと思われているようなことも可能となり、クラッド材を扱っている業者に相談をすることによって問題が解決されるということもたくさんあるでしょう。

コストを削減してくれるクラッドメタル


クラッド材はクラッドメタルとも呼ばれており、複数の金属を組み合わせることによって、単一の金属では得られない性質を実現することを可能としており、これによって設計改善を実現したり、工数を削減することができるため、トータルコストの削減を果たすことができるのです。
クラッド材にはさまざまな組み合わせが存在しており、たとえば銅に軟鋼をクラッドして2層構造としたクラッド材は銅材よりも銅の量を少なくすることができるため、これによってコストダウンを実現することができるのです。
チタンとアルミを組み合わせたクラッド材があり、こちらはチタンよりもアルミの方が安価となっているため、チタンの量を減らすことによってコストダウンを図ることが可能であり、さらに芯材にアルミを利用することによってチタンの熱伝導性の低さをカバーすることができて、さらにアルミをチタンで挟むことでアルミの健康への影響を抑えることができるために、さまざまな点でメリットの大きなクラッド材となっています。
業者ごとに独自のクラッド材を開発しているため、自分たちのニーズに合ったものを選べるでしょう。


PageTop