クラッドメタルのことならお任せ下さい。

クラッドメタル
2018年10月30日

さまざまな用途の製品をクラッド材で製造できる

クラッドメタルはクラッド材とも呼ばれています。金属の表面に別の金属を圧力を加えることによって圧延して接合するという技術のことです。こちらは金属同士を原子間結合するという技術であり、接着剤を使う必要がなく、剥離しにくいというメリットがあります。
クラッドメタルは異なる金属同士を接合させることができるのが大きな特徴となっています。異なる種類の金属が合わさることによって、金属単体では得られなかったさまざまな機能を生み出すことができるのです。
たとえば熱膨張係数の異なる金属同士を接合することによって、熱変形させることが可能です。この原理を用いてサーモスタットバイメタルが実現しています。
他にも、耐食性の優れた材料と組み合わせるという方法もあります。これでは、高価な金属を少量に安価な金属をたくさん使うことによって、材料を節約するというメリットがあるのです。電気伝導性の良い金属に対して強度の優れた金属を組み合わせて、強度不足を補うという方法もあります。
このようにクラッドメタルの技術というのはとても奥が深くて応用範囲の広いものとなっています。そのため、さまざまな分野においてクラッドメタルが活用されているのです。いろいろな金属同士を組み合わせて、従来の金属には存在しない特性を生み出すことができて、それが工業的にとても役に立っているのです。身近なところにも、さまざまな場所でクラッドメタルが使われています。

クラッドメタルを用いてさまざまなメリットを得られる


クラッドメタルを用いたいろいろなアプリケーションが存在しています。建築用やバッテリー用、サーマルプロテクター、サーキットブレーカーといったものに用いられているのです。クラッドメタルを扱っている業者では非常に豊富な種類の製品を取り扱っています。それぞれに特性があり、需要が存在しているのです。
たとえば製造業においてコストダウンを果たしたいときにはクラッドメタルの業者に相談をするとよいでしょう。クラッド材にはさまざまな可能性があるのです。異なる金属を組み合わせることで、多くの機能を持たせることができて、なおかつコストダウンも図ることができるため、ビジネス的に大きなメリットを得られるでしょう。
クラッドメタルによってデザインの自由度を広げることもできます。いろいろな可能性があるため、クラッドメタルの利用をぜひとも検討してみましょう。クラッド材の専門商社であれば、いろいろなニーズに対応してくれます。


PageTop