クラッドメタルのことならお任せ下さい。

クラッドメタル
2018年10月03日

品質の向上も図れるクラッドメタル

クラッドメタルを使うようになると、不可能だったことができるようになっていきます。これまで単純に単体の金属を利用しているだけでは、その特性を超える限界のものを作り出せませんでした。素材の限界ですが、超えるためには、新たな素材を使わなければいけません。ところが、別の素材にすれば、これまでの素材の特性は生かせません。別の素材なのですから当然でしょう。ところが、複数の金属を接着できるようになるクラッドメタルは、これまで不可能だった両者の特性を生かせるようになります。品質は当然向上させられるようになりますが、コスト的にはずっと下げていけるようになるのが重要です。品質向上を目指す場合に大きな問題になるのが、ばらつきです。これも、クラッドメタルであれば、2つを接着させるため、かなり抑えられるようになるのですから、大きな意味が出てくるでしょう。可能性を考えれば、大きな価値が出てくるのですから、将来に向けて検討するべき技術となるでしょう。

技術の進化で生まれたクラッドメタルと未来への創造


進歩により、新たな技術はどんどんと生まれてきます。知らないでいると、損をしてしまうような技術も山のようにあるでしょう。クラッドメタルの存在もそのひとつで、2種類の異なる金属を張りつける技術です。材料として一つのものにできるため、これまでにはなかったような機能を生み出せるようになります。単純に考えても、異なる金属の特性を生かせるようになるのですから、大きなメリットがあるのはわかるところです。しかし、これが簡単にはできなかったのも間違いありません。クラッドメタルによって、あきらめざるを言えなかった開発に関しても、新たに世の中に送り出すことができるようになるでしょう。発想だけはあっても、現実的に不可能であったものを作り出せるようになれば、企業にとっても開発にとっても、大きな転換期につながります。企業にとって、新たな未来を創造できるのが、クラッドメタルになるのですから、新技術としてもどんどんと活用していくべきでしょう。

クラッドメタルで新たな製品の発想へ


異なる金属を接合するのは、容易なことではありません。発想的には簡単ですが、それぞれ特性が異なる以上、できることではないと考えられていました。だからこそ、単体での金属性能を追い求めてきましたが、クラッドメタルを使えば、これまでできなかった異種金属の接合が可能です。単体では得ることができなかった機能を生み出せる方法であるのは、容易に想像がつくでしょう。例えば、熱膨張係数の違う金属を圧延接合してクラッドメタルとして作りだせば、多くの応用ができるようになっていきます。金属がのがれることのできない耐食性の問題も解決するのも見逃せません。高価で希少な金属を大量に使わないで済むようになるため、材料単価を下げながらも耐食性の問題をクリアできるようになります。強度不足のデメリットのカバーにも利用できるのですから、単体の金属のままではできなかったような発想の元で、クラッドメタルを使えば新たな製品の設計ができるようになっていくでしょう。


PageTop