クラッドメタルのことならお任せ下さい。

クラッドメタル
2018年10月02日

クラッド材を使った新たな創造

技術は常に進歩してきています。新しく生まれてくる技術は、知らぬ間にどんどんと増えていくこともあるでしょう。しかし、これを知らないでいれば、活用することもできませんし、せっかくの高い機能を利用できずに損をすることも出てきます。クラッド材は、新しい技術のひとつではありますが、知らなければもったいないレベルのものです。2種類以上の異なった金属を使える技術であり、接合できるところが重要になってきます。接着剤を使っているのではなく、原子間結合になっているため、はがれてしまうようなこともありません。それぞれの特性を生かせるところも、結合力が強いクラッド材の特徴です。これまであきらめてきたような要求性能も、クラッド材を使えばクリアできることも増えてくるでしょう。発想の中で終わっていたことも実現できる可能性が出てくるのですから、大きな転換を迎えることができます。企業の新たな未来も創造できるのですから、夢のある素材ともいえるでしょう。

クラッド材で生まれる新たな製品


複数の異なる金属をつなぐのは、簡単にできるようなことではないでしょう。発想的にはだれもが思いつくことではありますが、金属としての特性の問題が出てくるのですから、容易にはできません。単体での金属性能を高めていくことによって、こうした問題解決をおこなってきましたが、これも限界があります。クラッド材を使うことは、これまで抱えてきた問題解決の近道になるのは、異種金属の接合によって生み出せるからです。単体の金属の限界を超えるだけではなく、それぞれの機能を生かせるようになることが重要になってきます。熱膨張係数のことなる金属を使ってクラッド材にすれば、熱によって変形させられるようになるでしょう。それも剥離したりする心配がないのですから、大きなメリットを発揮します。高価で希少な金属を使う場合でも、クラッド材にすれば少量に抑えることも出切るでしょう。単価も抑えられることを考えれば、新たな製品の設計にも役立つのは間違いありません。

性能を超えられるクラッド材の夢のような機能


金属素材を使う場合、単体で利用するのが一般的です。接着させて利用もできますが、剥離の問題を考えなければいけません。合金にしてしまえば、メリットをつぶしてしまうことも出てきます。素材同士の特徴を生かすことはできません。製品開発を考えると、これは大きな足かせとなるでしょう。実際に開発の現場では、単体の利用しかできなければ限界につながってしまう部分です。クラッド材を活用することによって、発想は大きな転換を迎えるようになります。2種類以上の異なる金属を接合できるクラッド材だからこそ、単体では得られないような複合的な性能を利用可能です。単体の金属から見れば、夢のような内容といえます。単体ではコストが上がってしまうようなときでも、クラッド材であれば低価格な素材と組み合わせてカットしていくことも可能です。これまでの製品が、競争力を失ってしまってきているときでも、コスト競争に対応できるようにもなるのですから、夢のような機能といっていいでしょう。


PageTop