クラッドメタルのことならお任せ下さい。

クラッドメタル
2018年10月01日

クラッドメタルで売上げの向上を

売上げの向上を図る方法にはいろいろとあります。クラッドメタルを使うこともその方法のひとつです。売上げを向上させるためには、販売量を増加させるか、製造単価を落とすのかとなってくるでしょう。販売量は、なかなか増加させられない要因があります。製造段階で考えれば、できるだけ材料費を落としながら高性能なものを使う必要が出てくるでしょう。クラッドメタルは、異なる2つの金属を接着させられる技術で作り出せます。これまでであれば、高価でなかなか使えなかった素材も、低価格な素材と組み合わせる方法をとれば、大幅にコストダウンが図れるでしょう。性能は下げることなく、製造単価を下げられるのですから、クラッドメタルを使えば、売上げを向上させられるようになります。単純な構造ではありますが、大きな影響を与えてくるのは間違いありません。将来に向けて考えても、新たな製品開発に対して確実な方法であり、取り入れていくべき材料です。

クラッド材を使って利益率の改善を


他社よりも優れた性能を持つものは、確実に売上げにつながっていくのは必然です。もちろん、ニーズを満たす必要はありますが、性能が高いものは活用の幅も広がります。クラッド材を使うことも、こうした性能向上に寄与する方法となるでしょう。売上げの向上という面では、販売量を増加させるか、同じ販売量でも単価を下げるかというところがポイントになるでしょう。販売量の増加は、実際に大きな問題をいろいろと抱えます。それに比べ、材料費を下げることは、クラッド材で十分に対応が可能です。異なる2つ以上の金属を結合させて作り出しますが、高価な材料に対して、安価な素材を組み合わせていけば、理論上は簡単にコストダウンが図れます。売上げを向上させなくても、利益は大きく稼げるようになっていくのですから、企業にとってメリットの大きな技術となっていくでしょう。新たな製品開発として考えても、コストを抑えて作り出せるのですからクラッド材は活用するべき素材です。

可能性を広げていくクラッド材の価値


これまでの素材とは異なり、クラッド材を使うと、実現は不可能だったレベルの製品を作り出すことができるようになります。単純に単体の金属しか使わなければ、その限界を超えられなくなります。製品としての限界も素材で決められてしまうことになるため、新たな素材を探さなければいけないでしょう。別の素材を使えば解決できるとも限りません。新たな素材はそれまでの素材とは違う特性を持っており、別の問題を生み出すことがあるからです。クラッド材を使うことは、こうした問題も最小限に抑えられます。複数の金属を接合して作り出すため、それぞれの特性をそのまま生かせます。クラッド材だからこそできることですが、接着では不可能なレベルなことも、接合では十分に活用できるようになります。可能性の高い技術であり、これまでではできなかったレベルでの活用を大きく広げていけるでしょう。実現できることが増えていくのですから、クラッド材は積極的に検討するべきであるといえます。


PageTop