業者選びに役に立つ製造・機械・部品に関連した業者をご紹介します。

工業製品コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年05月12日 [FAQ]

製造業の工場でよくあるトラブルはなんですか?

これから製造業の業者を利用して事業で必要となる製品を生産してもらおうと考えています。
そこで不安になってしまうのがトラブルの可能性であり、どういったトラブルが起きるのかあらかじめ知っておきたいと思いました。
工場で起きるトラブルとして一体どんなケースが存在するのか説明してほしいです。

回答

設備トラブルや品質トラブル、安全トラブルなどが起きます


製造業の工場ではさまざまなトラブルが起きてしまう可能性があり、その際にはきちんとした対応をすることが求められます。
工場においてよくあるトラブルの1つが設備に関するものであり、不具合や故障などが起きてしまいます。
生産ラインにおいて設備の故障が発生してしまえば、作業を止める必要があります。
もし、重要な設備が使えなくなってしまえば、すべてのラインがストップしてしまうこともあるのです。
そうなると工場の稼働率が低下してしまい、納期までに製品を完成させることができなければ、経営に大きな影響を与えるでしょう。
設備トラブルが起きたときには急いで原因究明を行って早急に対処することが求められます。
完成した製品の品質に問題が生じてしまうことがあり、これを品質トラブルといいます。
納品した後に顧客からクレームが寄せられることがあり、それによって会社の信頼を損ねることがあるのです。
品質管理を徹底して行うことによって、できるだけ不良品が生じないようにすることが大切です。
また、クレームを寄せてきた顧客に対して誠実な対応をすることも重要です。
対応を誤ってしまうと会社の信頼問題に発展してしまい今後の営業に大きな影響を及ぼすでしょう。
安全面に関するトラブルが起きることがあり、たとえば、大きな事故が起きてしまい従業員が怪我をすることがあります。
このタイプのトラブルについては、きちんとしたマニュアルを作成していなかったり、設備の点検をきちんと行っていなかったりすることが原因となります。
安全トラブルについては最終的に責任を取ることになるのは上司や会社となります。
大きな事故で大惨事に発展してしまうケースがあり、そうなると会社の信頼がとても落ちてしまいます。
このように製造業に関してさまざまなトラブルが起きる可能性があるため、それらを未然に防ぐための対策を取ることが大切です。
また、これから製品を発注するときには、いろいろなトラブルへの対策をしている業者を見つけることが重要となります。
工場のトラブルはどんな企業においても起きる可能性があるため、備えておきましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク