業者選びに役に立つ製造・機械・部品に関連した業者をご紹介します。

工業製品コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

発泡スチロール成形メーカーの正しい選び方は?

これまでは大手の下請けをメインにしてきましたが、相次ぐ値引きや、無理な注文を強制的に押し付けられることに嫌気がさして、自社で商品開発を行うことを決めました。
開発を続けている間は、下請け業務もしっかりこなしていて、人員を増やす余裕もなかったので、従業員たちには大変な苦労をかけてきましたが、ようやく自信を持って世の中に送り出せる商品が完成して、それを大々的に販売してくれる取引先も見つかって、予定よりも多くの受注を得ることができました。
今後も下請け業務も続けながら新たな商品開発に取り組んでいくつもりですが、お陰様で人員も増やせるようになりました。
今回は時間も限られていたので、梱包材は卸業者から仕入れましたが、思っていた以上に梱包材の費用が高くついてしまい、今後は少しでも利益を出すために、商品の梱包材も自社で直接仕入れることにして、現在急いで発泡スチロールの仕入先を探しています。
価格はもちろん安い方がいいですが、製品の質にもこだわりたいので、技術的にも確かで信頼できる業者との取引を希望しています。
正しい発泡スチロール成形会社の選び方を教えて欲しいので、どうぞよろしくお願いいたします。


回答

品質以外にもチャックポイントはいろいろあります。


大量の発泡スチロールを仕入れるなら、短納期でしっかり高品質な商品を提供してくれる成形会社でなければいけません。
発泡スチロールの成形には、金型が必要ですので、それに精通した技術者がいて、提案力もあれば信用度は高いと言えます。
CADデータ製作や加工などの、他社に外注するのではなく、自社で全ての工程に対応できることも、短納期を可能にして、高品質の発泡スチロールをつくるには、大きなポイントになります。
これまでそのような商品をつくってきたのかを確認してみるのも良い方法で、多くの種類の成形や加工の経験があれば、それだけ技術力があり、対応能力が高いことの照明にもなります。
取引先候補を絞ったら、工場見学をさせてもらいましょう。
実際に発泡スチロールをどうやってつくっているかを確認すれば、その会社の設備も確認できますし、やはりこの目で確認することは、今後の安心や信頼にもつながります。
良い会社は積極的に工場見学に対応してくれますし、不意の訪問にも動じることはないでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク