業者選びに役に立つ製造・機械・部品に関連した業者をご紹介します。

工業製品コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月18日 [FAQ]

工業製品の発注でよくあるトラブルはありますか?

事業で必要となる工業製品の発注をしたいと考えているのですが、さまざまなトラブルが起きる可能性があると思い、不安になっています。
事前にどういったトラブルがあるのか知っておくと対策を立てておくことができるため、どんな不測の事態が起きる可能性があるのか教えてもらいたいです。

回答

不良品の発生や設備の故障、自然災害などのトラブルがあります


発注先では、さまざまなトラブルが起きる可能性があるため、納期までに間に合って、質の高いものを確実に納品してもらえるとは限らず、いろいろなトラブルに巻き込まれる可能性があります。
たとえば、不良品が発生してしまうことがあって、この場合は納期に遅れてしまう可能性があり、在庫が不足する状況が考えられ、納期を延ばして欲しいと頼まれてしまうこともあるでしょう。
不良品が出てこないように発注先の企業は努力しているものですが、どれだけ注意していても不測の事態が起きる可能性は常に存在しているため、万が一のことを考えて、余裕を持って発注することが大切です。
業者の工場にある設備が故障してしまって注文したものが生産できなくなってしまうというケースもあり、この場合は復旧するまでにどのくらいかかるのか、納期に間に合うのかが重要となり、すぐに問い合わせをして今後のことについて話し合いをするべきでしょう。
業者に欠員が出てしまうことがあって、製造部門で働いているスタッフが不足してしまうと生産能力が落ちてしまい、早めに対処してもらわないと納期に遅れてしまう可能性もあるのです。
しっかりと製品を完成させることができたとしても、それを運搬する過程でトラブルが起きることもあって、たとえば、製品を転倒させてしまい傷や不具合が生じてしまうこともあり、この場合は、再生産が必要となってしまう場合もあります。
業者のシステムに異常が生じてしまうこともあって、この場合は入出庫や受発注などを管理しているシステムに問題が起きることがあり、そのために製造工程に支障が出てしまうようなこともあるでしょう。
ほかには、自然災害が発生してしまい発注した製品や部品などが破損したり輸送することが不可能になったりするケース、輸送しているトラックが交通事故を起こしてしまうケースなども考えられます。
このように、さまざまなトラブルが起きてしまう可能性があり、このようなときに冷静に対処することができる発注先であれば、安心して任せることができます。
発注先の業者を選ぶときには、トラブルに強い生産管理を行っているかどうかに注目してみましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク