業者選びに役に立つ製造・機械・部品に関連した業者をご紹介します。

工業製品コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月11日 [FAQ]

部品の発注の注意点は何でしょうか?

私は会社経営をしており製造業を営んでいるため部品発注を外注したいと思っているのですが、よその企業に部品発注を頼んだ経験がなく、品質の悪いものが納品されてしまう事態は避けたいと考えています。
そこで、実際に部品発注を依頼する際にはどういった点に気をつけておけばいいのか、ポイントを教えてください。

回答

情報共有や品質管理を徹底する


まず、しっかりと情報共有することが大切であり、そうすることによって、どうしてその部品を発注したのか、その部品が具体的にどのようなものに使われるのか、どのくらいの品質のものが必要なのかなどの情報を理解してもらうことができ、そうすれば満足できる部品を納品してもらう可能性が高くなるでしょう。
発注する際の情報が不足していると発注先にとってはどのような部品を製造すればいいのか分からなくなり困ってしまう可能性があるため、そのような負担を軽減させるためにも、できるだけ詳細な情報を提供することが大切です。
たとえば、その部品を加工する際に注意するべきことがあるならば、その点について注意事項をしっかりと伝えておくと、より良い部品を製造することができ、安定した部品を受け取ることが可能となるでしょう。
また、部品を外注する際には品質管理を徹底することも大切であり、外注した仕事も社内の仕事の一部であると考えれば、品質管理も重要な業務の1つであると考えることができて、一般的には社内よりも外注先の方が品質管理の状況は悪くなることが多いため、こちらからしっかりと品質管理についての指導をすることが重要です。
品質管理をするためにはどうしても手間とコストがかかってしまうため、外注先の会社が品質管理をいい加減にしてしまうケースはよく起きてしまうのですが、たとえば、こちらから品質に関してどのくらいのレベルのものを求めているのかをしっかりと伝えて、ときには品質基準に関するアドバイスをすることも有効となるでしょう。
また、そもそも外注先の企業を選ぶ段階でいろいろな点についてしっかりとチェックしておくことが重要であり、あらかじめどのような基準で外注先を選ぶのかまとめておいて、その基準を満たす企業にのみ部品の発注を依頼すると良いでしょう。
部品の発注を依頼するのは、本来自社内でやるべきことを外部の企業に頼むことであり、その際には気をつけないと品質の悪いものができあがってしまう可能性はとても高いため、細心の注意を払い、満足できる品質のものが納品されるように細かな点にも気を配っておかないと失敗する可能性があるため気をつけましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク