業者選びに役に立つ製造・機械・部品に関連した業者をご紹介します。

工業製品コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月10日 [FAQ]

製造業は人手不足と聞きますが、採用されやすいのでしょうか?

自分んは普通の高校を卒業後、いくつかの仕事を転々としてきました。営業とか人間関係の面倒な仕事は苦手でコツコツとやるタイプの仕事が向いているかなと思っています。地方に住んでいるので仕事の選択肢は多くないのと、年齢的にももう落ち着ける仕事を見つけなくてはいけないと少し焦っています。求人情報を見ていると製造業の求人が多く、部品工場や機械技師、生産管理などの職種が不足しているようです。経験者不問と書いてある場合もありますが、本当に経験がなくても採用されるのでしょうか?製造業は人手不足と聞きますので採用されやすいのでしょうか?

回答

工場の規模や職種によって採用されやすい部門があります


製造業の仕事はいろいろな職種があり、採用されやすい仕事と、技術が必要な工場ワークなど、経験者でないと採用されにくいものもあります。電気の知識や電子部品に詳しい方でないと出来ない仕事などが挙げられます。
一般的に採用されやすい工場内の仕事をご紹介しましょう。まずは、旋盤、鋳造、生産管理、プレスなど物作りの重要な部分の仕事で初心者には難しい場合がありますが、工場に入ってから覚える人は少なくありません。未経験であっても技術者を育てる意識の強い会社であれば経験豊富な指導者の元、覚えていくことが出来ます。
次に、組み立てなどのライン作業です。自動車の組み立てや食品工場の加工作業、電子部品の組み立てなど、ラインに流れてくる製品に決められた部品を取り付けたり確認する仕事です。やや単純作業ですが、慣れるのは早いため、アルバイトやパートさんが多くを占めている工場も多く、常に求人募集があります。また、軽作業がありますが、工場だけでなく、物流の現場でも必要とされる仕事でシール貼り、箱詰め、検品や検査、梱包、仕分け、ピッキングなどです。簡単ですぐにできる仕事ばかりのため、こちらもアルバイトが多い傾向です。工場の規模で言うと、大手の工場は採用基準が高いため採用されづらいとされていますが、採用人数も多く、新工場が出来た時の募集時には採用されやすいケースがありますので要チェックです。大手の工場は清潔感があり、社員食堂がついている可能性も高く、中小規模の工場より環境が整っています。工場規模が小さくなるほど人の出入りが激しく、人手不足の傾向があり常に人を募集していますので採用はされやすいです。
初めから正社員で採用されなくてもアルバイトや派遣から正社員になる人が多いのも製造業の特徴ですので、併せて検討されるとよいでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク