業者選びに役に立つ製造・機械・部品に関連した業者をご紹介します。

工業製品コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月08日 [FAQ]

食品加工機械の導入先の選び方は?

これまでも食品加工機械を使用して生産性を高めてきましたが、機械の老朽化と、作業の効率化を高めるために、新しい機械を導入することにしました。
以前は業者の選択肢が限られていましたが、近年海外のメーカーも含めて多くの会社が参入していて、結構大掛かりな機械なので当然価格面も導入先を決める際にはとても重要なポイントになりますが、生産性や機械の性能によっては高額でも高いメリットがあると思いますので、そういう点も含めて機械の導入先の選び方について良きアドバイスをお願いいたします。


回答

たくさんのチェックポイントがあります。


食品加工機械の価格は、小型のものでも数十万円とかなりの高額商品で、1つの工場でも複数の機械を必要とするケースが多いため、機械の導入や買い替えで数百万円から数千万円単位の取引になることも珍しくありません。
したがって、中古品やレンタルという手段を選択する場合もあるほどで、機械選びは慎重に行わなければいけません。
購入する場合は、テスト貸出機なども上手く活用して、できるだけ多くの機械を実際に試してみることをおすすめします。
もしも新品にこだわらないのであれば、中古品を見つけてみるものも良い方法です。
テスト貸出に関しては、1週間程度使用すれば機械の性能や生産性を見極めることができますし、それが利用できない場合は、メーカーに足を運んで視察させてもらう方法もあります。
機械の製造技術に長けている日本では、海外からの視察団をたくさん受け入れている会社もたくさんありますので、まずはできるだけ多くの情報を集めましょう。
情報を集めたら、機械の製造や販売実績などを確認して、信頼できる会社であるかを見極めましょう。
食品加工機械の分野で評判が良いことも確認して、もちろん自分たちのニーズにマッチしているかが大事なポイントです。
検討の余地があると思ったら、実際に連絡をしてみて、親身になって機械導入の相談に乗ってもらえるかどうかを確認しましょう。
見積りを取った時の対応がしっかりしているかも大きなポイントになり、曖昧な受け答えをされた場合は、内容について納得できるまで確認しましょう。
品質や性能で価格もかなり変わってきますが、それらを含めて適正価格であるかも見極めましょう。
アフターフォローや保証も、食品加工機械を導入する時には重要になりますので、トラブルが起きた際の対応についても事前に確認してください。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク